全国女性税理士連盟全国女性税理士連盟

全国女性税理士連盟は創立60周年を迎えました!

入会案内特設サイト入会案内特設サイト

女税連について

会長挨拶

全国女性税理士連盟 会長 毛利 麻子

全国女性税理士連盟 会長

毛利 麻子

伝統を誇りとして、
新しい女税連の可能性をもとめて!

第62回定期総会(令和元年8月3日)は、東京新宿京王プラザホテルにおいて、日税連神津信一会長を始め多数のご来賓の方々にご臨席を賜り、また、全国各地から多くの会員の皆さまのご出席をいただき、盛会裏に終了いたしました。皆さまの温かいご支援のおかげをもちまして、無事に折り返し点を迎えることができました。心より深く感謝申し上げます。

本年度の重点施策

女税連は昭和33年の創立当初から、一貫して女性の社会的地位の向上について先駆的に取り組んで来ました。いま、時代は「女性の活躍推進」が期待されています。今後とも、なお一層組織力を強固なものにして、税理士業界に留まらず、さらに広く男女共同参画社会の実現のために、その社会的使命を果たして行きたいと思います。

新たに設置された「女性活躍推進特別委員会」では、女性税理士が税理士業界でより活躍しやすくなるための環境整備について、本年はさらに積極的に要望活動に取り組んでまいります。
毎年、西日本で開催している「各士業女性合同研修会」は今年で21回を重ねます。これまでに培ってきた司法書士、弁護士、社会保険労務士などの女性士業同士の強力なネットワークを全国に拡大させて、今年は東京でも研修会を開催します。

「配偶者控除の廃止」、「所得税法第56条廃止」などの税制改正や「選択的夫婦別氏制度」の導入など、長年にわたって要望活動に取り組んでいながら、いまだに日の目を見ない諸問題についても、活動の輪を広げて、女性各士業との連携を深め、要望活動に積極果敢に取り組んでいきたいと思います。専門知識を備えた各士業の女性たちが結集し、女性の視点から問題点を提起し、協働することによって改正を促す原動力になることを期待しています。

長年の懸案であった全国・東西各支部事務局の一元化が実現しましたが、会務の更なる合理化促進のため、事務局活用の可能性については、引き続き検討を重ねるべき課題です。

ホームページについては、IT化をさらに推進し迅速な情報の提供発信に努め、会員の利便性を向上させるとともに、会務の省力化、効率化を促進し会務運営上の負担を軽減し、一層の組織活性化を図りたいと思います。

本年度も、東西支部とも連携しながら、会員の皆さまと手を携えて、活動にやりがいを感じられるような魅力ある組織づくりを目指し、新しい女税連の可能性をもとめてチャレンジしてまいりたいと思います。皆様の変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。